ロクロククラブの写真〜能古の島のやぎ

かくして僕は写真と出会った。

2002年に情熱大陸で川内倫子さんが出ていて、首から下げてるRolleiflexに一目惚れ。
放送翌週にはオークションでPlanar F2.8を12万で落札。それが写真とのはじまりだった。

当時はオークションでも良質なカメラ、誠実な出品者、リーズナブルな落札金額で
いろんなカメラを手に入れて写真を撮ってはまたオークションで売る。
そんな楽しいカメラライフを過ごせた。
当然フィルムカメラの本も多かったし、なにしろ世の中にいっぱい商品があった。
もちろんフィルムの種類も豊富で、ヨドバシカメラで選ぶのが楽しかったなぁ。
Kodak UCはとくにお気に入りでよく使っていた。
35mmではAGFAのVISTA。あの赤いフィルムは何かやってくれそうなそんな迫力があった。
プリント環境もまだKodakのキャビネ版があり、(安いので)気軽に暗室に籠ることができた。
当時はフィルムをわざわざ事務所に取りにきて現像上がったら持ってきてくれる業者がいた。
朝出して夕方バッチリ。現像費も確か1本360円くらいだった。安かったなぁ。

そんな良き時代の最後あたりで僕は写真と出会った。

フィルムが高価になろうが、無くなってしまわない限り撮り続けていきたい。
愛機Rolleiflexとともに。
なんちゃってね。

*文:2016年11月。そのうちまた変えると思う。写真はカメラをはじめて2、3本目のフィルムで撮った写真。

 

Hiromi Ishikawa a.k.a. / Rolleinar

福岡でデザイン会社 F_d(エフ・ディ)を営んでいます。
デザイナー、フォトグラファー、エディターとして活動しています。
普通に仕事の依頼は大歓迎です。

株式会社エフ・ディ http://f-d.cc

 

Contact